講師:吉田篤司

吉田篤司

2000年:ボーエン テクニック 英国BI認定
2001年:アレクサンダー テクニーク 英国STAT認定
2002年:英国NFSHヒーリング協会メンバー
2003年:クラニオセイクラル セラピー 英国CTA認定
2010年:古神道の息吹長世の法伝授
2015年:書籍「頭蓋骨をユルめる!」
2016年:DVD「クラニオセイクル・セラピー入門」
2017年:書籍「首からユルめる!」DVD「アレキサンダーテクニック」
2019年:吉野修験道 大峰修行
2020年:スパイラル呼吸法™
2021年:書籍「パワーヨガ 浮上系ポーズ」DVD「パワーヨガ入門」      


プロフィール

1994年
通信建設の会社でエンジニアのお仕事をしていました。ストレスによる自律神経失調症で手は震えるわ呼吸は苦しいは対人恐怖で困惑の最中、ヨガを知る。
その後、偶然キングクリムゾンのロバートフリップ主催のギタークラフト合宿セミナーでアレクサンダーテクニークに遭遇。西洋のボディーワークにはまる。
(キングクリムゾンとは英国のロックグループである。不協和音と変拍子、動と静の対比を独特の解釈で演奏した。)
この時代はまだインターネットが一般的ではなくて、ギタークラフトの情報を見つけたのは、今から考えると本当に奇跡的タイミングでした。(ただしそれが逆にイバラの道を歩む運命を決定したともいえます)
その後、東京でアレクサンダーテクニークの教師イムレ・トールマンからレッスンを受けて、その世界に完全にのめり込みました。
1998年
勤務していた会社のプロジェクト失敗で心理的ダメージ。責任転嫁の応酬。悪玉ストレスに押し潰されて、もはや現実逃避しかありませんでした。「アレクサンダーテクニークの教師になりたい!」そこでバブル崩壊とともに会社員離脱。国外逃亡していざイギリスへ。
渡英してアレキサンダーテクニックのスクールに入学。滞在中にクラニオセイクラルセラピー、ボーエンテクニック、フェルデンクライス、ヨガ、ピラーテス、ヒーリング、チベット密教の学習
アレクサンダーテクニークの学校は楽しかったですよ。まったく未知なる世界に踏み入れて、みんな手探り状態でした。でも同時に行きつく場所を見つけられなかったので、心はとても寂しかったですね。
卒業後はしばらくアレクサンダーセンターでレッスンしていたんですけど、外国人ビザ更新が難しくなってイギリスにはもう滞在できなくなってしまったんです。
2004年
インド滞在。1年間、各地ヨガアシュラムを訪れて様々なヨガを実践研究する。
本当はインドには行きたくなかったんですけど、あのときは八方ふさがりで、他に行く場所がなかったの。それでも南インドは楽しかったです。サイババにも会ったしティルパティにも行けた。
南インドのカレーはスパイス効いて美味しいんです。その後は北に行って紅茶の産地ダージリン、それからダライラマのいるダラムサラ。
観光ビザ更新のため年末にはネパールのポカラに行きました。インドの混沌とした環境から逃れたと思ってホッとしたら、いやはや油断もスキもありません。ダマされて身ぐるみはがされた日本人の男の子がわんさかいました。
ちょうどその時、インド洋の津波がありました。インドで出会った女の子「年末はインド洋の小島に行くのよ」とか言っていましたが、さてさてです。
ビザ更新完了してインドに戻って最後は、ヨガの聖地リシケシ。ガンジス川を思い出すぜえ。ここは外国人ヒッピーが多いので、かなり気軽で安全な生活環境でしたね。でも食中毒には3回なりました。凄い薬があって、飲んだら10分で良くなるんです。
リシケシでの呑気な生活とともに未来の不安、夕日の沈むガンジス川を見て、気が滅入る日々でした。とにかく先が見えない・・・
殺人を犯して一生国に帰ることが許されないロシア人、行き場所を失った日本人、その日暮らしを謳歌するカリフォルニアン・ヒッピー、冒険心旺盛なオーストラリア人、日本に行きたいインド人
そんなやから達に出会っては去り、また出会っては去り。そして6月になると雨期がやって来ました。その後の7月の猛暑。夜中は30分に一度、シャワーを浴びなければ体がほてって気が狂うのです。
2005年
インド滞在でホトホト精神的にも肉体的にも玉砕して降参、手を上げて日本に帰国しました。運よくリハビリのお仕事が見つかり、そこで7年間お勉強させてもらいました。
2010年
古神道の息吹長世の法を学ぶ
このときは何か怪しい闇のパワーが欲しいと思い、古神道に没頭しました。でも、こういう不純な動機だと、ろくな目に遭いませんね。触らぬ神に祟りなしです。
でもこの経験が、後になってスパイラル呼吸法の要素の一つになりました。興味のあることは興味のあるうちに体験すると、いつか花を咲くこともあるのでしょう。
2011年
日本催眠術協会にて心理療法を学ぶ。
この年は大地震があってたいへんでした。あのパニックは自分が感じる以上に、感覚神経がズレちゃったみたいです。私だけじゃなくて多くの人に起こったみたいですけど、何だかおかしくなって意識が溶け出してきたんです。PTSDですね。
とにかく怖かった。なんとかしたくてワラでもすがる思いで催眠なんかも勉強しましたが、やっぱり自分の畑とは違ったみたいでした。
2013年
自立営業開始。アレクサンダーテクニーク、クラニオセイクラルセラピーをはじめとして、健康と美容・潜在能力開発を目的としたレッスンを開催
大地震によるPTSDを克服すると、突然、エネルギーが高まりました。ようやくアレクサンダーテクニークやクラニオセイクラルの手の使い方が分かったんです。
2015年
勢いに乗って本を書いてみました。正規出版はまず無理だろと思っていたのですが、株)BABジャパンのご協力で、出版実現しました。内容は今、読み返してみても絶品の自負があります。
2019年
パワーヨガに専念
インド以来、ヨガはもはや興味の対象ではなくなっていたのですが、あるきっかけでパワーヨガのすっ飛んだ浮上系(ちまたではアームバランスという)のポーズにはまりました。
体のちょっとした使い方で、体は割と簡単に持ち上がる。ここから私の新しい人生がスタートしました。
吉野の修験道、大峰山修行に入門
山伏修行で新たな体験をすると考え方も変わりますね。雨の中、黙々と険しい崖っぷちを歩き滑り苦難を越えてどこかに到着しました。
2020年
パンデミックの最中、自宅でパワーヨガに没頭して、ある道が開けました。これからは今までの知識を集結したワーク、スパイラル呼吸法™を当スタジオのメインワークとします。
ここでようやく1994年のギタークラフト、キングクリムゾンの呪縛から解放された思いです。自分の求めていたものをつかむのに26年間もかかってしまった。
エネルギーハイブーストおよび深部ブロック完全除去。即効で柔軟性が高まります。免疫力アップと若返り、自分自身を開花しましょう。
2021年
アレクサンダーテクニークを使ってやるパワーヨガの書籍、2年がかりで書き上がりました!BABジャパン出版「誰でも必ずできる!パワーヨガ 浮上系ポーズ」絶賛発売中。オンラインレッスン開催。DVD「パワーヨガ入門」10月30日発売。
吉田篤司